2018年4月9日更新

【教育】-【大学院講義】


科目名 対象 開講時間 場所 教員数
機能分子物理化学特論I 理学研究科
前期博士課程
前期 金・3
前半7日間
理学部棟
理1(F202)室
1



機能分子物理化学特論I 理学研究科 物質分子系専攻 前期博士課程 前期 金・3

●お知らせ
2018/4/9 H30年度の内容に書き換えました.
第1回の講義は4月13日です.
各自テキスト持参のこと.

●授業内容
 典型金属や半導体などの従来型電気伝導体に加えて,有機伝導体,酸化物高温超伝導体,重い電子系などに代表されるエキゾチック伝導体の物性測定の基本である輸送現象について論ずる.バンド理論や結晶の対称性などの基礎的事項の確認の後,これらに基づいて電気抵抗・磁気電流効果(磁気抵抗効果,Hall効果)・熱電効果(Seebeck効果,Peltier効果,Thomson効果)・熱伝導度,Shubnikov-de Haas効果,1次元や2次元系で観測される角度依存磁気抵抗効果などについて測定法および解析法の実例なども交えて概説する.テキストの内容は以下の通り.受講生に合わせて可能なところまで講義する.

 1 バンド理論および輸送係数
 2 電気抵抗
 3 熱電効果
 4 磁気抵抗効果
 5 Hall効果
 6 Shubnikov-de Haas効果
 7 低次元系の角度依存磁気抵抗振動

●評価方法
 レポートおよび出席状況

●受講者へのコメント
 固体物理の基礎(逆格子,バンド理論など)を理解していることが望ましいが,これらについても講義で解説する.

●教材
 自筆テキストを使用する.
 
ここをクリックしてテキストをダウンロード.
 各自印刷するかタブレット等に表示するなどして持参すること.スマホは不可.